スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちゃずお留守番と自宅輸液など

一人+一匹暮らしをしている私。
当然私が出かける時は残りの一匹は置いてけぼりです((+_+))
今回のタイ旅行(10/20-26)も置いてけぼりのちゃず。



10月に入ってちゃずの調子があまり良くなくて通院輸液⇒自宅輸液に変更するので病院を変えたり、大学病院に検査に行ったりで、タイに行くのをどうしようかなぁ~と迷ったのですが。

結局行く事にしました(^▽^;)


IMG_0382.jpg
最近はカーテンの裏で日向ぼっこするのがお気に入り(=^・^=)





お日様ポカポカで良い気持ちかな(^∇^)

IMG_0383.jpg






ちょっとお顔を見せてくださいよ~♪



・・・・気持ちよく寝ているのに・・・

IMG_0384.jpg


ジャマするなヽ(`Д´)ノ



という感じで最近はちゃずも調子が良くなってきました( ´艸`)



私がタイに行っている時には仲良しのお隣さん(過去の自宅輸液歴2年)にちゃずのお世話をお願いしていきました。

しかし自宅輸液を開始したのが17日で20日からタイに行ってしまったため、自宅輸液もなかなか困難を極めまして(^_^;)

お隣さんはちゃずにヴーヴー唸られ、シャーシャー言われたそうです(ー_ー)!!

でもウニャ~ウニャ~と文句を言いながらも手から美味しいおやつを食べたり( ´艸`)

何とか毎日薬を飲ませてもらい、途中で一度輸液のために通院してもらいました。

ありがたやー(^人^)

お隣さんのお世話の甲斐があってちゃずは体調を崩すことなく無事にお留守番ができました。

タイに出かける時には食欲もあまりない感じでしたがゴハンもモリモリ食べるようになってきました!



その後私が帰国してからは二人で輸液をしたり(お隣さんは針を刺す係、私はちゃずを抑えてなごませる係)して数日が経過しまして~

やっと猫も飼い主も自宅輸液に慣れてきました。

ちゃずの機嫌が良ければ私一人でも楽々輸液できるように(^^)/

二人がかりで抑えてみたり~自作の保定服を作ってみたり~洗濯ネットに入れてみたり~と試行錯誤しましたが・・・うちの場合はちゃずが日向ぼっこしたり、膝の上でごろごろしたり、リラックスしている時にするのが一番楽ちんな事が分かりました☆

今後も病院の先生と相談しながら自宅輸液を続けていこうと思います(*^-^)b





スポンサーサイト
プロフィール

KeropSayap

Author:KeropSayap
福島原発20キロ圏内(大熊町夫沢中央台)から救助されて2013年4月にうちにやってきたシャム柄の雌猫ちゃず(茶豆)の記録
◆2012年4月ごろ?大熊町で保護される
        ↓↓
◆おーあみ避難所で暮らす
        ↓↓
◆2013年4月 うちにやってくる
        ↓↓
◆2013年6月 腎不全で入院&退院
        ↓↓
◆2013年7月 腎不全で入院&退院
        ↓↓
  輸液に通いながらのんびり暮らす
        ↓↓
◆2015年10月大学病院にて先天性の腎臓奇形の疑いありと診断される
  自宅輸液を開始する  

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
キネンビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。