新しい猫さんをお迎え

2017年3月に新しい猫さんをお迎えしました(Ф∀Ф)
ちゃずをお迎えしてしばらく経った頃からもう一匹・・・と思っていたのですが。
ちゃずがきてわりとすぐに腎臓が悪いことが分かって入院したり病院通いをしたり。
ちゃずがシェルターでは猫嫌いだったのを聞いていたりしてなかなか思い切れずにいた飼い主でした。
仔猫だったら先住猫と仲良くなりやすい、と聞いて譲渡会に行ってみたりしましたが仔猫って小さいですよね(←当たり前)
仔猫めっちゃカワイイのですが、小さくて私の方がなんか不安になってしまったり(^_^;)
なので出来る範囲でシェルターや保護猫活動をしている方にご支援していけば良いかな~というスタンスでいたわけですが。
3月に入ってから、あれよあれよという間に新入りさんをお迎えしちゃいました。

昨年の秋ごろに友人宅の庭に現れた猫さんでシャムっぽい子がいるんだよ~という話を聞いていて
送ってもらった画像がこれ
15826346_10210821831879921_3804035756319317292_n.jpg

ちゃずー!!!!
((>д<))


まぁ実際にはちゃずじゃないんですが(^▽^;)
なんかねぇ、明らかに飼猫で今では飼い主にべったりなちゃずが東日本大震災後に野良になってしまって、保護されるまで外で一年暮らして、保護時は毛色も悪くて怖い顔だったことを考えたら何だか切なくなってしまいまして(ノ_・。)
もし保護できたらうちにお迎えしようかなぁ~と言ってたのが昨年末ごろだったのです。

そしたら3月に入って友人宅の庭に来ているシャム猫さんが触れるぐらいまで慣れてきたと\(◎o◎)/!!
そのうえ地域のボランティアさんにお手伝いをしてもらって捕獲して避妊去勢手術もするつもりだと!!
しかし友人宅には高齢猫がいて同居は難しく、さらに友人はひどめの猫アレルギーで今の老猫さんはもちろん最後まで面倒を見るけれどもその後また15年ぐらいアレルギーと付き合うのはキツイとの事。
・・・
・・・・
・・・・・
・・・・・・これは・・・・
うちにお迎えするしかないっっヽ(`Д´)ノ

って事になったのが3月5日ごろ。
ひとまず捕獲してエイズと白血病の検査をして陰性だったら私が引取り、もし陽性だったらちゃずと同居は難しいので私が里親を探すという事にしました。
そして3月6日には捕獲成功(*^-^)b
そしてその日のうちに避妊去勢手術も完了して翌日にはボランティアさんがやっている保護猫カフェで一時預かりをしていただく事になりました。

続きは次回(Ф∀Ф)
スポンサーサイト
プロフィール

KeropSayap

Author:KeropSayap
福島原発20キロ圏内(大熊町夫沢中央台)から救助されて2013年4月にうちにやってきたシャム柄の雌猫ちゃず(茶豆)の記録
◆2012年4月ごろ?大熊町で保護される
        ↓↓
◆おーあみ避難所で暮らす
        ↓↓
◆2013年4月 うちにやってくる
        ↓↓
◆2013年6月 腎不全で入院&退院
        ↓↓
◆2013年7月 腎不全で入院&退院
        ↓↓
  輸液に通いながらのんびり暮らす
        ↓↓
◆2015年10月大学病院にて先天性の腎臓奇形の疑いありと診断される
  自宅輸液を開始する  

2017年3月 保護猫WARAVIも家族になりました(Ф∀Ф)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
キネンビ
キネンビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村