スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自宅輸液のスランプと最近のちゃず~

何だかムシムシしますね~(^▽^;)
雨続きだったり~蒸し暑かったりでゴロゴロしているちゃずです
IMG_3268.jpg

肉球ヾ(≧▽≦)ノ
そしてクニャっと曲がった手もカワイイーヾ(≧▽≦)ノヾ(≧▽≦)ノ
このクネっと曲がった手がなぜか好きなのですよね~(^ε^)

ウィンクちゃず(=^・^=)
IMG_3272.jpg


去年の今頃は~ちゃずの調子が悪くなってどんどん体重も減ってしまいましたが
今年はけっこう良い調子です(*^-^)b
去年の10月から自宅での輸液を始めたのでちょうど1年ヾ(@^▽^@)ノ

えぇぇと・・・近ごろ輸液スランプ気味だった飼い主です(^▽^;)

ネットで調べると自宅輸液の方々はみんな輸液スランプを経験しているような?!
なんかね~いつもと同じようにやっているんですけどなぜか上手くいかないのですよ
液体が漏れてしまったり(たぶん針の先が向こう側に抜けている 刺し方の問題?!)
途中で逃げられたり(ちゃずのゴキゲンななめ?!)
とりあえず1日2回失敗したらその日はもう輸液は諦めることにしています(ノ_・。)
次の日か、その次の日にまたやればいっか~的な感じで♪
そう考えると自宅輸液を開始したばっかりの頃は何が何でもやらなきゃー!!ヽ(`Д´)ノと思っていて余裕がなかったなぁ・・・と。
まぁその時よりも輸液の間隔が開いたっていうのも余裕が出た理由ですけども。
今は5.6日に一回を目安にしていて~食欲やその時の状態を見て間隔を縮めたりしていて、良い状態を保っている気がします。


そうそう!輸液スランプの脱し方?!
と言ったら大げさなのですが~ちょっと方法を変えてみました☆

IMG_3280.png

いつも背中側から頭の方に向かって針を刺していたのですが~

逆にしてみました☆

この方法、以前腎不全猫を飼っていたお隣さんがやっていた方法で~
病院でもそう教わったそうなのです!
頭の方向から背中の方向に向かって針を刺すのですが~
IMG_3280.jpg

コレ けっこう良いかもヾ(@^▽^@)ノ

特に一人で自宅輸液をしている人には良いような気がします☆
通院で輸液をしていた時も、自宅での方法を教えてもらった時も背中から頭に向かって刺していましたが!!
背中から頭に向かって刺すと猫が動いた時に針が抜けやすいのです~頭の方から背中に向かって刺すと猫が動いても抜けにくいです(*^-^)b
今後はこの方法でやろうと思います。
もし輸液スランプの方がいたら一度お試しを~♪


ちなみに私はこんな感じでやっています
IMG_3281.jpg

輸液の上の部分にS字フックを付けてその辺にひっかけて輸液しています
S字フックに洗濯バサミ
4901065877452_1.jpg

こんなのを付けて若干高さを調節する時もあります
(いつも同じ場所で輸液をしていないのでS字フックを引っ掻ける場所によって高すぎたりする時があるので)

こんな感じでちょっとずつ工夫をしつつ自宅輸液生活を続けていきたい思います。
IMG_3247.jpg

良い状態が長く続いてくれますように☆彡
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

こんにちは^^
コメントありがとうございました。
レナジェル魅力的なのですが便秘になるのがネックですよね。
ちゃずちゃんも便秘にと書かれていたし。。。
獣医さんに相談したところ少量で入れてくれる問屋が見つかれば
レナジェルでもホスノールでも入れて下さるとのことなので
買えるようになったら試してみたいと思っています。
ありがとうございました^^

針の向き反対バージョンですね♪
うちの獣医さんも頭の方から指される場合があります。
同じ向きばかりより輸液溜まりが偏らず良さそうですよね。

Re: No title

こんにちは(^∇^)
コメントありがとうございます。
レナジェルをあげる際の便秘解消法なのですが~
錠剤(うちは一日半錠でした)を大さじ2ぐらいのお湯に溶かして、それをウエットフードやスープに混ぜてあげていました。
非吸収性のポリマーというだけあって、溶かすとイージーファイバー?のようなどろどろな感じになりますが無味無臭でちゃずは気にせずに食べていました。
今はリンの値が落ち着いたので使っていませんが、次にまたリンの値が高くなったらお世話になると思います。
うちもリンの値が高くなるとカルシウムの値も高くなるのでカルシウム系の製剤はちょっと不安。。。
また何か良い情報がありましたらお知らせしてください(^∇^)


プロフィール

KeropSayap

Author:KeropSayap
福島原発20キロ圏内(大熊町夫沢中央台)から救助されて2013年4月にうちにやってきたシャム柄の雌猫ちゃず(茶豆)の記録
◆2012年4月ごろ?大熊町で保護される
        ↓↓
◆おーあみ避難所で暮らす
        ↓↓
◆2013年4月 うちにやってくる
        ↓↓
◆2013年6月 腎不全で入院&退院
        ↓↓
◆2013年7月 腎不全で入院&退院
        ↓↓
  輸液に通いながらのんびり暮らす
        ↓↓
◆2015年10月大学病院にて先天性の腎臓奇形の疑いありと診断される
  自宅輸液を開始する  

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
キネンビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。